3parのストレージ性能

3parは特にハイエンドのストレージに良い定評がありますが、最大のポイントは速度です。



ファイル容量が増えることが多くなっていますが、ブロック型でもファイルでもオブジェクト型でも3parのストレージは1msの速さで処理を行えると好評です。


ストレージが担うファイルの扱いはさまざまなであり、システムに応じた扱い方が大事です。

ハイエンドタイプの場合はその形式が多種多様に増えてしまうことも多く、マルチテナントではさらに効率的な扱いが必要となります。

エキサイトニュースに関する疑問が解決できます。

ストレージシステムの多くはどのタイプでも扱えるようになっていますが、得意不得意がはっきり出る部分であり、選択は難しい面も多いようです。

3parに対する期待が寄せられています。

しかし、3parのストレージはどのファイル形式でも柔軟にしかも、高速に対応できるのが利点です。


PB単位のストレージ容量が当たり前になってきたこともあり、転送速度はどのストレージメーカーも苦心しています。


3parでは専用のコントローラーを作成しています。コントローラーは一般的なCPUに合わせてASIC回路などを追加した独自タイプであり、他社よりも数段優れた運用性能と速度を実現してきています。転送速度については通信方式も重要ですが、一般的なiSCSIなどについても最適化を行って全体の速度の底上げを行っています。
そのため、拡張性を犠牲にせずに速度面でも柔軟に拡張した容量にとらわれずに運用可能なシステムとなっており大変好評です。