3parのコスト削減について

ストレージはビッグデータの活用もあって日々拡張を求められてきてます。しかし、実際にはスペースやコスト面で思うように拡張できていない企業も少なくないようです。そこで注目されているのが3parのストレージシステムです。

3parと言えばハイエンド環境での実績が大変多いストレージメーカーですが、エントリーモデルにも力を入れてきており、コスト面で厳しい企業でも拡張性を犠牲にせずに予算に合わせてストレージシステムを導入できるようになってきています。

Yahoo!ニュースについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

3parのストレージは省スペースで拡張性が高いのが特徴であり、あるシステムでは50%以上のコストカットができた事例もあります。
コスト面では人件費も難しい判断が必要になることが多いです。3parでは専用コントローラーとソフトウエアでこの問題に対応しており、ストレージが大規模になり、HDDやSSDが数多く導入した場合でも1つのソフトウエアでトータルアシストできる仕組みとなっています。


このことは人員の削減に繋がり、人的リソースが厳しい企業でも大規模システムが導入できると期待されています。



また、コスト面で人件費は目立ってきていますが、人員を減らしてもシステム運用が可能となっていることからコスト面での効果が目に見えて上がってきています。



エントリーモデルから導入し、予算に合わせて拡張していける3parのストレージデバイスはSSDなどの次世代ストレージにも対応しながら進化をしてきています。