3parシステムの柔軟性

3parはエントリー機からハイエンドまで柔軟に対応できるストレージが好評のメーカーです。3parといえばハイエンドシステムが注目されやすいのですがエントリー機についても他社と十分競争ができるシステムを多数登場させています。

ストレージシステムで重要となるのが拡張性と速度です。



3parではこれらに専用のASIC付きのコントローラーで対応しています。


ストレージにおいてコントローラーはHDDやSSDの能力を発揮させ、また、管理人の手間を大きく省くことが求められています。

各メーカーで独自技術を取入れていますが、3parでは独自設計のコントローラーで他社よりも有利になっています。

HDDやSSDはどんどん個数が増えることが多いのですが、増えれば管理が大変になり、また、アロケーション処理など管理面でも難しい処理が増えます。



これらの処理は手動でパラメータ設定が必要なケースが多いのですが、3parの場合は自動化が急速に進められており、コスト面で大きな進歩となっています。

エキサイトニュースについて知りたいならこちらです。

また、障害時の復旧にかかる時間も他社よりも大幅に削減することができています。


多数の筐体を使ったストレージの場合、各機器ごとの連携が重要な観点となりますが、リソースプールの作成においてもHDDやSSDの能力を最大限発揮させながら全体の速度向上を図っており、速度面でも大幅に向上しており、また、大小さまざまなファイルを扱うためにさ機能改良がが日々行われてきています。